Published On: 2021.10.27Categories: 古民家の暮らし, 山の恵み・畑の恵み

ラッキョウの花、見たことありますか?

「ラッキョウの花が咲いてるよ。」
とご近所さんに言われて、見に行きました。
小さなピンク色の可憐な花です。

田舎に住んでいるのに初めて見ました。

初めて見た花といえば、里芋の花。
2年前に見たのですが、里芋の花は農家の方でもなかなか見ないそうです。

 

ラッキョウの花はもうすぐ終わりますが、

ラッキョウの収穫は来年の6月。
これから土の中で冬を越します。

 

「楓花」のランチで使わせてもらっている野菜たち。

朝日に照らされて元気に光っていました。

 

こちらは、私の家庭菜園のピーマン。

5月に苗を植えて5か月あまり。

なんと今日10月27日も収穫しました!!

 

葉っぱは黄色くなって元気がなくなってきたし、ピーマンも固くなってきたけれど、

こんなに頑張って実をつけてくれているので、一つも無駄にはしません。
ありがたくいただきます。
それにしてもこの5か月で何個収穫したのかしら。。。

ピーマンのおかげで、元気に夏から秋を乗り切ります。

 

こちらの唐辛子。

実は一度全部切り取って収穫したのです。

 

ところがなんとまたまたワサワサと実がなりだしてビックリ!!

そうだ!!
また柚子胡椒を作ろう!!

と思ったけれど・・・。

 

柚子はもう黄色に色づいています。

今年は豊作です。
また柚子を蜂蜜漬けする季節が近づいてきました。

 

柚子の隣の柿の木。

 

今が収穫どきです。

実は昨年は鳥につつかれてほとんど食べられなかったのです。

 

今年も美味しそうな柿は鳥につつかれていますが、

 

今年は柿も豊作。

綺麗な柿もいっぱい!!
美味しく頂いています。

畑の恵み、山の恵みに感謝して
天赦日を過ごしました。

 

 

最新の「生前整理・片づけ収納講座」