Published On: 2021.05.26Categories: 古民家の暮らし, 柴犬まり

梅雨の晴れ間に、昨年作った「まりの遊び場」をお散歩しました。
まりの遊び場を手作りしました
手作りドックランで歓喜の老犬まり

 

今年もハーブが大きくなってきました。
まりは、タイムの中に顔を突っ込んでクンクン。

 

昨年植えたローズマリーとイタリアンパセリ。

暖かくなって、グイグイと伸びてきました。

 

ローズマリーの近くをくんくんするまり。
でもローズマリーには顔をうずめません。
ローズマリーの強い香りはお気に召さないようです。

 

なぜかセージがお気に入り。

顔を突っ込みすぎです(笑)

 

ワサワサたくさん伸びているミント。

 

まりはそのミントには目もくれず、私が耕している畑へ入ってきました。

 

まりがいると危なくて鍬をふるえないよ!!

と言っても

 

どこ吹く風。

目が見えない分、耕した土の感覚を足で楽しんでいる感じです。

 

まるで見えてるかのような表情をすることも。

 

たっぷり遊んだ後は、まりの水飲み場に行きます。
まりのお気に入り 水場編

3年前に水飲み場を作った時はもう少し綺麗だったけれど、
父が作った器は欠けてしまったので、接着剤でつけてあります。

あちこち補強しながら使っています。

 

水飲み場の場所を探しているまり。

「まり、そっちじゃあないよ。」
と言って、水の音をさせると

 

音に反応して、水飲み場の場所がわかります。

 

水はもうすぐ横にあるよ!!

 

やっと美味しいお水が飲めるね!!

 

実はこの蛇口からは、いつもは「山の水」と「井戸の水」の両方が楽しめます。

今日は「井戸の水」です。実は山の水が最近出なくなって。。。

「もしかして山の井戸が詰まっているのかもしれない・・・」

と母が教えてくれました。

山の井戸を点検するまで、「井戸の水」です。

 

今日は、たくさん運動したので、

喉が渇いたらすぐに飲めるように、水飲み場の近くでしばらくゆっくりします。