Published On: 2022.01.02Categories: 古民家の暮らし, 生前整理, 部屋のしつらえ

あけましておめでとうございます

昨年の元旦は雪に覆われていた御用松が、
今年は朝日に照らされて明るく輝いています。

昨年は、「ももとせ」の対面講座はコロナ禍でなかなか開催できませんでしたが、
オンライン講座ではたくさんの方とご縁ができた一年でもありました。

ホテルの会場に集まられた「ロータリークラブ」の40人余りの方に、オンラインで講座を開催したこともありました。
会場に来られない方はオンラインで参加いただき、たくさんの方に「生前整理で人生再始動」と題した講座をお届けしました。

オンラインでなければ出会わなかった方々とのご縁ができたのは、「ももとせ」のホームページやインスタグラムのおかげかもしれません。

昨年の私の漢字は「」でした。

『コロナ過でお店を開けないなら、その時間を有効利用して、いろいろな学びを始めます
昨年50歳代を結んだので、今年は60歳代を元気に始めます。』

と年頭に書きました。

そして「ももとせ」のホームページを作り、インスタグラムを始め、新たな資格を取得しました。
還暦の年、コロナ禍の年にあえてゴーゴーと自分を奮い立たせていろいろなことを始めた一年でした。

 

今年の漢字は『』です。

いつも目にできるよう、「高木久美子先生」に毛筆で書いてもらい装丁してもらいました。

「無限∞に楽しく」ということで、∞を入れてあります。
両手をあげて万歳しているような楽し気な『』という字です。
音楽に合わせて踊っているようにも見えます。
見ているとわくわくと楽しい気持ちになってきます。

今までインテリアは昔からあるものを自分でリメイクして飾っていましたが、
初めて購入したのが、この『』という書です。

 

音読みは「ガク」「ラク
訓読みは「たのしい」「たのしむ」

「ガク」・・・「音楽」「雅楽」
「ラク」・・・心身に苦痛がなく快く安らかなこと。「楽園」「極楽」「楽観」「安楽」
「たのしむ」・・・心が満ち足りて安らぐ。将来に期待をかけ、心を希望で満たす。

音ガクをたのしみながら、心をラクにして、たのしがって、たのしげに、これからのことをたのしみに過ごしていきたいです。

そのために自分の生前整理を今一度しっかりとするつもりです。
スマホの中の写真などの情報がたまってきたので、まずはそこから始めます。
物を整理して身軽になり、心の荷物を下ろしてかろやかな心で人生を楽しみたいと思います。

 

高齢の両親も、最近童謡のカセットテープを聴いて楽しんでいますが、
心をわくわく楽しませるということを、たくさんさせてあげたいと思っています。

そして出会った方に楽しい気持ちになってもらえるようなコミュニケーション能力も身に着けたいな~。
楽しい会話ができるようになりたいなあ~。
楽しい気持ちになれる講座にしたいなあ~。

と、年の初めに欲張っています(笑)

 

今年も南天の実が鈴なりです。

いつもの万両も松の根本で真っ赤な実をつけました。

昨年はコロナ禍で「楓花」は思うように営業できず、
「ももとせ」の対面講座もほとんどできなかったし、
友達との旅行もできなかったけれど、
良かったことを探せばたくさんの幸せがありました。

コロナ禍の中でもたくさんの出会いがありました。
そして孫が2人生まれてうれしいうれしい年でもありました。

 

2022年が素晴らしく楽しい年になりますよう心よりお祈り申し上げます。